アニマルアロマセラピー10箇条

1)  ネコ、フェレット、小型のエキゾチックペット、小鳥、爬虫類、両生類、魚類に精油を使うことは、非常に危険である。(それぞれの動物種で代謝が異なるため である。特に猫類は、精油成分を代謝/解毒する能力が極めて低いことが遺伝子的にも証明されている。)

2)  自分の飼っている動物が病気ではないかと思った場合、まずは動物病院で診察を受ける。
診断された時点で、主治医と相談しながらアロマセラピーを上手に取り入れる。
事前に精油を使用している場合には、そのことを主治医に伝えておく。薬剤による治療をする際に、精油を併用すると、相互作用で薬効が強くなったり弱くなったりするので、十分な注意が必要である。

3)  自分の飼っている動物の、体温や呼吸数などの正常状態は常に把握しておくこと。
動物病院を受診すると、緊張のため、心拍数は増加し、体温もいつもより高めになってしまうことがある。体温計を使わなくても、日常的に耳の内側、内股(鼠 蹊部,鼡径部,そけいぶ)などで、健康時の体温を感じることが出来る。呼吸数は胸部の動きをみて、心拍数は手のひらを左胸の心臓に当て、鼓動を数えること で、把握できる。心臓の機能がしっかり働いているかどうかは、毛細血管再充満時間(Capillary Refill Time,CRT)を見ることで判断できる。毛細血管再充満時間とは、歯肉を指で押すと白くなるが、元のピンク色に戻るまでの時間のこと。1〜1.5秒ま でであればまず問題ないが、なかなか戻らない場合は脱水や循環不全をおこしていることが推測される。アロマセラピーを行う前に、これらのことに気を配って おきたい。
*体温 37.5〜39.2℃ イヌ・ネコとも
呼吸数 小型犬 20〜30回/min 大型犬 約15回/min ネコ 20〜30回/min
心拍数 小型犬 70〜150回/min 大型犬 60〜100回/min ネコ 160〜220回/min

4)  処置の前後には、手洗い励行。:普通の石けんを良く泡立て、流水下で10秒以上流す。ヒトと動物の共通感染症の予防にもなる。

5)  良質の精油を用いること。有効期限内であっても、変色していたり異臭のするオイルは使用しないこと。可能な限り、安全データのある精油を用いると、精油による事故の予防や、万一の法的な問題にも対処しやすい。(Plant Aromatics;Martin Watt著参照)

6)  必ずパッチテストを行うこと。遅延性のアレルギー反応の判定は72時間後であるが、通常のブレンドは濃度が高くないので、一般的には15〜20分程度の観 察で、異常が出ないことを確かめれば問題ない。アトピー体質の動物では、安全を最優先するために、72時間観察する必要がある。

7)  4週齢の子犬には、アロマセラピーは実施しない。出来れば8週齢までは極力控える。新生子の肝臓の薬物代酵素は不完全で、ネコと同様に精油成分の代謝が上 手にできない。(ヒトの新生児も、同じく肝臓代II相の代謝酵素が不完全なため、自分の胆汁さえ解毒できずに新生児黄疸が起ることが知られている。周産期 の妊婦の精油の使用やベビー・アロマセラピーが大変危険な理由がそこにある。)

8)  妊娠中は胎子への影響を考え、授乳中は新生子への影響を考え、極力アロマセラピーを控える。
  薬物(精油)は、血流や母乳を通して子供に移行する。

9)  万が一、目に入った場合は、物理的に微温湯で洗い流し、純正の植物油(コーン油が一番刺激性がないと言われる。)で希釈を試み、症状が改善されない場合は直ちに動物病院を受診する。

10)  アロマセラピーは、必要最小限(濃度、頻度、期間)にとどめること。動物特有の臭いを消すためや香水がわりに、連日長期間使用していると、毒性や感作性が 発現する危険がある。皮膚や腸管では、正常細菌叢のバランスが崩れ、肝臓では酵素誘導や阻害が起こり、肝障害を起こす可能性がある。合成香料が雄のネズミ の繁殖力を低下させるという報告があり、欧州では香水の使用に対する注意報が出ている。また、アロマ製品は、精油、ハイドロゾルにかかわらず、決して動物 に飲ませないこと。