講座の内容

日程・会場

受講料・お申込方法

お申込

講師紹介

受講生の声

よくある質問

ボランティア活動

大学との共同研究













ペットへのアロマセラピー
日本アニマルアロマセラピー協会の考え方



動物のアロマセラピーは、人の情報が基本になっているため、海外の情報などにより、その現実を把握しなければなりません。アロマセラピーは植物の芳香 物質を利用する補完代替療法の1つです。精油は、essential oilと呼ばれており、和訳すると「植物の精からなるオイル、あるいは私たちの生活に不可欠なオイル」となりますが、決して私たち動物にとって、不可欠で もなければ一般的にオイルと呼ばれる油脂でもありません。水には殆ど溶けない人工的に高濃度に濃縮された脂溶性有機化合物です。

私たちがアロマセラピーで利用する植物の二次代謝産物である芳香物質は、植物自体にとっては、無くても生きていくことができ、絶対に必要な物質であるとは 今までは認識されておりませんでしたが、近年の研究で、アロマセラピーに利用するこれらの芳香物質や樹脂などは、植物が生来備え持つ液性免疫の免疫物質で あることが解明されるようになりました。植物が生存し続けるための自己防衛には不可欠な物質だったのです。しかしながら、その有機化合物は、犬や猫の身体に とっては、毒物、薬物と同じレベルのxenobiotics(ゼノバイオティックス;生体外異物)に他ならないのです。

近年、ネコにアロマが危険だという情報が少しずつ浸透しつつあり、イヌを対象に行われるアロマセラピーが流行しています。しかしながら、家庭では、イヌば かりではなく、ネコや小鳥、その他の小動物(観賞魚やペットの昆虫も含む)と同居している場合も多々あります。このような状況下では、イヌに対するアロマ セラピーを実施する際には、他の動物に対する十分な配慮も必要となります。

本年、平成25年、環境省よりスーパークールビズが提案され、衣類を洗濯する際に香り付き柔軟剤や制汗剤の使用が推奨されました。「香料などの化学物質で 体調を崩す人を増やす」というクレームが殺到し、環境省も早急な対応を迫られているそうですが、正に、人ばかりでなく、私たちと共に生活をしている動物た ちへの配慮も不可欠ではないでしょうか。特に合成香料の場合は、ネズミにおける実験ですが、雄の精巣が萎縮する現象がみられたという研究報告がなされてい ます。近年注目されているシックハウス症候群の原因の1つに、精油の成分でもあるテルペン類のd-リモネンやヘキサナールも含まれます。地球全体の環境保全の観点からみますと、野生の植物の素材から抽出する精油は、 その植物の種を激減させる原因にもなりますので、例えばローズウッド、サンダルウッド、アトラスシダーウッドなど、あるいは野生の草花から抽出するような 素材も、できる限り使用は避けるべきだと思います。精油の販売会社は、例えば、ブラジルのローズウッドなどは、木を1本伐採する際に、2本の苗木の植樹を 実施しているので問題はないと言うところもあるようですが、現地では、森林の面積は急速に縮小しています。企業の説明は事実ではなく、ローズウッドはワシ ントン条約(CITES)で絶滅危惧種にも指定されています。インドでもサンダルウッドの輸出に規制がかかるようになっています。また、これらの素材から 抽出される精油では、かなり以前から合成香料が利用されている確率も高いことが指摘されています。森の香りの成分であるモノテルペン炭化水素は、極めて揮 発性が高く、水にも殆ど溶解しませんので、ネコ類の体内に入りやすく、代謝され難い化合物なため、大変大きなリスクとなります。ネコに森の香り、レモンの 香りが有毒だという理由の1つです。

動物の身体に、精油の成分が入った場合には、生体にとっては異物なため、一刻も早く水溶性に変化させて(代謝して)、尿や糞便、呼気などに溶解させて体外 に排出しないといけない物質であることを認識していないと、これらのxenobioticsを安全に使いこなすことはできないのです。アロマセラピストに ある程度の薬物代謝の知識と、共に暮らす動物たちの生理/代謝についても、一定の認識が必要な由縁です。

近代の「アロマセラピー」という用語が使用されるようになり、欧州などでは多くのアロマセラピストと呼ばれるスペシャリストが誕生し、様々な著書が発表さ れています。まだ学術的な研究が行われる以前から、上記のことを認識していない黎明期のアロマセラピストたちは、欧州薬局方に記載されている当該植物の ハーブとしての効果を、精油の効果/効能として本に羅列したために、それが、今日でも多くのアロマ教育機関でバイブルとして利用されています。精油辞典を 参照すると、いずれの精油の項にも、多くの適応症となる病名や症状が列挙されています。人類が植物素材を煎じたり、ハーブティーとして薬効を利用しており ますが、ほのかに香る芳香成分は別として、煎じ薬やハーブティーなどの主成分は、水に溶ける成分からできています。一方、精油はと言いますと、水に溶ける 成分は非常に限られたもののみで、その主成分の殆どは脂溶性成分なのです。それも、人工的に高濃度に濃縮された化学物質です。

極端な表現ではありますが、「アロマセラピーサイエンス」の著者である生化学者のMaria Lis-Balchinは、「バターを塗って全身マッサージをすると、ミルクを飲んだことと同じ効果がある」ということに匹敵すると述べています。バター もミルクもxenobioticsの含有量は非常に少ないと思われますので、少々、例えには難がありますが、精油のような100% xenobioticsである有機化合物が動物の体内に入った場合、身体に侵入した瞬間から、私たち人間も含めて、ただちに防御機構が働き、様々な酵素や トランスポータとよばれるタンパク質などがかかわって、これらの物質を体外に出そう、出そうと肝臓などもフル回転で対応します。

私たちの体内で産生される代謝酵素は、精油の成分が吸収された部位から、それらの有機化合物に対して働きかけを開始しますが、何と言いましても、一番の解 毒/代謝機関は肝臓です。この肝臓の酵素の働きを少しだけでも認識しておかないと、アロマの摩訶不思議な謎は解けることがありません。

人のアロマの教育機関では、「飲酒をした人にアロママッサージをしてはいけない」と教えているそうです。アロマセラピストの資格をお持ちの方の多くは、こ の情報を知っています。何故なのか、その理由を説明している教育機関は殆どないのが現状です。そう、身体の酵素がアルコールと精油成分という2つの xenobioticsが同時に身体の中に侵入してきたために、酵素の働きが互いに抑制しあう結果となり、アルコールを分解するアルコール分解酵素、アセ トアルデヒド分解酵素が働くことができずに、アルコール成分が長く体内に残り、いつまでも代謝されずに二日酔いの現象が誘発されるのです。数%の濃度の精 油が入るキャリアオイルで全身をマッサージしただけで、このような酵素活性の阻害ということが起ることをアロマセラピストたちは認識していなくてはなりま せん。

よく、降圧剤(高血圧の治療薬)と、グレープフルーツジュースを一緒に飲んではいけないということが言われますが、これも殆ど同じ理由なのです。ジュース に含まれるフロクマリンが薬剤と相互作用を示すことと、腸管で薬が体内に入らないように防御的な押し出しポンプの役割を担っているトランスポータのP糖タ ンパクの働きも抑えてしまうため、ダブルパンチで薬剤は血中濃度も上がります。薬効が高まり過ぎ、血圧が下がり過ぎて起きていられないほどの影響が出てし まうのです。コップ一杯のジュースに含まれるフロクマリンの量は極めて微量です。フロクマリン類は圧搾法で採取されるシトラス系精油にも含まれているので す。

植物の二次代謝産物であるxenobioticsには、動物の体内の酵素の働きを阻害するものばかりでなく、逆の作用で、酵素の活性を高めてしまう場合も 多々あります。ハーブや漢方薬では、西洋薬との相互作用がある程度研究されておりますが、精油ではまだまだ研究が始められたばかりで、学術的な報告もまだ まだわずかです。短期的には、精油成分は肝臓第I相(1段階目)の代謝酵素の活性を抑制して、西洋薬の「生物学的利用能;薬としての効果」を高める作用が 報告されていますが、長期的な精油の利用に関する研究は未解明で、詳しいことはわかりません。ネズミの実験で、精油の肝臓酵素に対する影響が、短期では抑 制し、長期では逆に誘導されるということが報告されているのみではないかと思われます。薬効が高まると、利点ではないかと思われるかも知れませんが、副作 用の強い薬剤は、思わぬ現象が起ります。精油と西洋薬との相互作用に関する注意報は、メリーランド大学のメディカルセンターが公表しています。

代謝酵素の抑制のお話ばかりでしたので、逆の例を挙げますと、ハーブのお話になりますが、鬱に効果的だと言われ、若い女性に人気のセントジョーンズワート (セイヨウオトギリソウ)のハーブティーを愛用している人が喘息になった場合、発作時に飲まなければいけない気管支拡張剤の薬効が、ハーブ ティーを飲んでいるために、代謝酵素が活性化されて、効きにくくなってしまうのです。薬剤が体内に入ると同時に、代謝酵素で変化してしまい排泄されてしま いますので、気管支が拡張せず、猛烈な咳の発作がおさまらず、命にかかわる事象が起ります。健康によかれと思って愛用しているハーブやアロマに、このよう な恐ろしい作用があると想像なさったことがあるでしょうか。

このようなことを知らずに、アロマセラピストの資格を持った人が、顧客や友人にアロマの効果/効能を伝え、利用法を伝授してアドバイスをしていたとしま しょう。その顧客や友人が、病気になった時に服用する薬剤に対して何らかの影響が出た場合、知らなかったではすまされないことは明確でしょう。

更に複雑なことに、肝臓の酵素の種類や数は、動物種ごとに大きな差異があるのです。人のアロマ=動物のアロマ という考えが、いかに危険であるかは一目瞭 然です。特に野生のネコ類も含め、私たちの家族の一員ともなっているイエネコは、遺伝子に異常があるため、精油成分を完全に代謝する酵素が欠けているので す。しかも、酵素の数から雌ネコのリスクの方がかなり大きいことも示唆されます。近年の研究では、遺伝子のどの部分に異常があって酵素がつくられないのか という説明をはじめ、ネコ類以外の動物、カッショクハイエナやキタゾウアザラシでも同じような遺伝子の異常があり、精油成分の分解をするための酵素が不完 全であることも学術的に証明されるようになりました。フェレットのアロマ事故やジャコウネコの仲間における代謝機構の不備が報告されておりますが、これら の動物種は遺伝子の変異は未解明で、肝臓の酵素の働きが弱いことのみが報告されています。

動物のアロマに関する情報があふれる時代になりました。「イヌもネコもアロマで癒される」とばかりに、精油の効果/効能だけが強調される動物のアロマ教育 がビジネス化し、大手報道機関や地方紙などでも大きく取り上げ、宣伝も盛んになっています。イヌでも全ての精油が安全であるということはなく、フェノール やケトンが多く含まれる精油やハイドロゾル(水蒸気蒸留で精油を抽出する際に副次的に採取されるフローラルウォータのこと。別称ハーブウォータとも呼ばれ る)は危険を伴います。ヒトで繁用されるティートゥリー精油なども、中枢神経毒が報告されています。なお、米国動物中毒予防センター(American Animal Poison Control Center)のカーン獣医師は、ハイドロゾルでさえ、成分分析が行われておらず、ネコに使用すると危険であると述べています。私達の協会で利用するハイ ドロゾルは、危険防止の意味からも、大学で成分を分析していただいております。

精油の薬効などは、学術書でも毎日のように新しい情報が報告されています。しかしながら、学術的に報告された実験でも、「アロマセラピーサイエンス」の著 者であるMaria Lis-Balchinが言うように、真の学術的なエビデンス(科学的な根拠)として認められる実験は、大変数が少ないのが現状です。研究者たちは、市販 の精油を100%天然の精油と信じて実験をしています。研究者たちが、自身で、あるいは高度の分析技術を備えた分析機関で実験に供する 精油の成分を分析している実験報告は、極めて稀なのです。そして、当該精油の薬効は主成分が果たしているという理論で、主要成分を用いてデータの収集を同 時に行い、その成分を主体に含む精油の効果/効能と断定して報告していますが、多くは精油成分に異性体があることを無視し、合成香料を利用した実験である ことも多く、アロマセラピーのエビデンスの信頼性が根底から揺らぎます。人間のように心理作用が多く関係する場合は、精油の主要成分の薬理作用が、そのま ま精油全体としての作用と断定することはできません。動物では、暗示を与えることもできませんので、精油の作用がダイレクトに影響します。

それ以前に、例えば真正ラベンダー精油と言っても、栽培条件で、成分は大きく変動します。一般化して、鎮静作用は真正ラベンダーの精油の効果だと断定する こともある意味、リスクを伴います。極端な表現になりますが、このような成分のラベンダー精油で実験をしたら、このような結果が得られました、としか言え ないのではないでしょうか。ラベンダーと1口に言いましても、様々な種や品種があり、交雑も起こりやすい植物です。鎮静効果を示す精油もあれば、逆に興奮 作用を持つものも証明されています。成分の光学異性体のちがいで、作用が逆転することも解明されつつあります。

精油の薬理効果の実験の多くは、動物を使ってデータを集積したものですが、様々な条件を満たして、学術的にペットに対しても確実性のある薬理効果は、非常 に限定されているように思います。例えば、腰に痛みがあるイヌに血流を増やし、痛みを軽減しようといきなりアロママッサージをしたら、もし、脊髄の髄核が 脱出しているようなハンセンI型のヘルニアなどの場合は、症状は悪化してしまうでしょう。「アロマセラピーサイエンス」の中で、Maria Lis-Balchinは、マッサージには、精油を使わなくてもマッサージ自体に利点があると述べているように、健康なイヌであれば、アロママッサージを するより、飼い主さんと一緒のお散歩や、リラックス時に全身の軽いマッサージをすることの方が、どれほど安全で、身体的、精神的な利点になることでしょ う。老齢になり、四肢の機能が衰えた場合であっても、精油の利用は慎重に行わなくてはなりません。

皮膚のアレルギー症状に対する精油の利用も同様です。例えば、アレルギー反応の1種としてみられる耳の感染の原因とされる酵母型真菌感染の場合などは、病 原体の種類によって、精油が効果的な場合と、ハイドロゾルの方が効果的な場合があるのです。それは、病原体が増殖するのに、油脂を要求する性質の真菌か否 かが影響してきます。ですから、皮膚を痒がるからとか、病変がみられるからとか単純な考えで、いきなり精油やハイドロゾルを使ったりすると、返って症状が 進行してしまう場合もあるのです。動物にアロマセラピーを施術する際は、可能な限り正しい診断を試みて、アロマセラピーの必要性を判断してから行わない と、思わぬ結果が待っていることもあるのです。

1867年には、欧州の薬局方にすでに精油の記述がなされており、英国Bennet医師は、病院で精 油によるアロママッサージで病気の治療にあたり、報告もなされています。1901年には、Hale-Whiteが精油を用いた関節炎の治療が著書の中に記 述されています。どちらかと言えば、世に言われる一部の医療家が著した「アロマテラピー大全」ではなく、Hale-Whiteらの情報がメディカルアロマ セラピーの基礎になっていると考える方が理にかなっています。イタリアのGatti&Cajola医師やPaolo Rovesti医師らが医療としての精油の研究を開始しています ので、決してフランスがメディカルアロマセラピーの発祥の地でも確立の地でもありません。Maria Lis-Balchinは、「アロマテラピー大全」を著した医療家が、著書の誤りを仏語で訂正しているため、世にその情報が行き渡ることがない上、「アロ マテラピー大全」の治療法に言及して、危険な療法だと著書の中で批判しています。

アロマセラピストの資格を有する人々は、フランスやベルギーでアロマセラピーが公的な保険でカバーされると教育機関で習ったとよく言います。近年、イギリ スの一次診療で、医師が必要と認めた場合に限り、この代替医療が公的保険でカバーされるようになった時期はありますが、実際は、保険制度が赤字のため、保 険で精油によるセラピーが受けられる事例は、ほとんど皆無に近い状態です。その他、欧州でこれらの代替医療に公的保険が正式に使えたという事実は全くあり ません。Alternative Medicineという用語を「代替医療」と和訳した広瀬輝夫医師は「代替医療のすすめ」という本を書かれたことで有名です。ニューヨーク医科大学の臨床 外科教授でしたが、退職後に世界中を旅して、「世界の医療事情リポート」と題する世界の代替医療に関する本を書かれていますが、フランスやベルギーに関す る記述で、アロマセラピーの「ア」の字も触れられておりません。公的保険に関しては、日本のフランス大使館も代替医療の公的保険適用を否定していますが、 フランスのメディカルグレードの精油という意味で、ある大きな功罪が公表されています。Henri Pouchon氏は、農場を経営し、良質のラベンダー精油とラバンディン精油を年間50トン自社で蒸留していますが、自身の農場産と称して、フランスから 輸出されるラベンダー精油が250トンに膨れ上がることを公言しています。メディカルグレードとされるフランス産精油に疑問符がつく理由です。
(http://www.zoominfo.com/#!search/profile/person?personId=282281903&targetid=profile)。

折しも、英国のExeter大学から、「アロマセラピーの有害作用」と題する学術論文が2012年に発表されました。過去に発表された人のアロマセラピー に関する学術論文12015件を調べ、科学的なエビデンスとするには不適切な11973件の実験を除外し、42件の論文を精査しました。結果は死亡例を含 む、驚くような副作用が報告されていることを明らかにしたのです。論文中では、「効果/効能は発表されやすいが、副作用の事例はほとんど報告されることが ない」とも述べています。調査結果からは、精油を使用するマッサージ師の23%が、精油を使い始めてから1年以内に皮膚炎を経験していることなどもあげ、 いかなる面から考慮しても、アロマセラピーは決して安全な代替医療ではないと結論づけています(International Journal of Risk & Safety in Medicine 24 (2012) 147-161)。

身体の小さなコンパニオンアニマルが、人のアロマセラピー用のレシピを薄めただけで、「癒し」と称してマッサージをされたり、飲用をすすめられたりした ら、どれほど危険なことか想像に難くはないでしょう。人のアロマセラピーでも同様ですが、利用しようとする精油に関する皮膚感作性や毒性に関するデータが あるか否かも大変重要です。現在は、簡単に動物実験ができない時代です。実験をする際には、各研究機関に倫理委員会が設置されていて、動物虐待にならない かどうかを審査し、可能な限り最少の実験動物数でデータを出さなければなりませんし、単なる精油成分の毒性試験や感作性実験はすることはできません。です から、過去に行われたデータは大変貴重な資料となります。Martin Wattは、分散している学術的な皮膚感作性や毒性のデータを1冊の本にまとめて、Plant Aromaticsとして発表しました。この書籍に記載されていない、すなわち、安全性データがない精油をアロマセラピーに利用して、コンパニオンアニマ ルの病状が悪化したり、副作用が発現したら、施術者は言い訳をすることもできません。基本的に安全性データのある精油を選んで施術をするということが鉄則 だということがわかるでしょう。しかしながら、食品添加物として繁用される精油に、安全性データが不完全なものもありますが、どうしてもそのような精油を 使わなければならない場合は、細心の注意が必要となります。

世のアロマセラピストの資格を有している方々は、新しい香りの精油に大変興味を示し、すぐに使用する傾向があるようです。安全性データを集積する実験が容 易に行えないまま、データのない精油で事故を起こしたら、法的にも無防備です。顧客に訴えられたら、その精油を使用した理由を説明することすらできないの です。

このように世界のアロマ情報に乱れや誤りがある中、正確な診断がなされないまま、人間の癒しが、そのまま動物にも当てはまるとばかりに、精油やハイドロゾ ルが多用されています。精油やハイドロゾルの品質の問題も大変大きな影を落とします。何故かと言いますと、精油を少量購入する一般のアロマセラピストたち は、精油の分析に関して勉強をする機会がほとんどありません。本来は、ガスクロマトグラフィーと質量分析の技法の概略を知っていることが不可欠ですが、ガ スクロマトグラフィーで分析すれば、詳しいデータが得られると思っている場合が殆どです。現在は、良質のヘリウムガスが入手困難な時期でもありますので、 正確な分析ができない状態が続き、懸念されています。さらに、質量分析をしてもらうにしても、詳しいライブラリーと呼ばれる微量成分の正しいスペクトルの データが揃っていなければ、これまた分析の精度がにぶります。

精油成分の分析にかかわる研究者たちが口をそろえて公言しているように、精油もハイドロゾルも世界的な規模で偽和が横行しています。100%天然の精油だ と信じて使っている製品に偽和があったら、何が起るでしょうか。ハイドロゾルは、近年、化粧品としても人気が高まったため、今までは殆どが廃棄されていた ものが市場に出回るようになりました。生産者の段階で、腐敗を防ぐためにソルビン酸カリウム、パラベン、フェノール、エトキシエタノールなどが混入されま す。その後、アロマの書籍に書かれているpH値の範囲に、クエン酸で調整されるのが日常茶飯事なことだと欧州の分析者が公言していています。さらに無菌的 な操作で生産されているハイドゾルは極めて少ないと思われます。ハイドロゾルのpHは、植物が栽培される土壌のpH値や蒸留に使用される水のpH値が大き く影響します。決して、ハイドロゾルに関する書籍に書かれているような一定の酸性度を示すとは限らないのです。

正しいアロマ製品の入手が極めて困難な中、ペットにアロマセラピーを行う場合は、先に述べたように、正しい診断の下、精油やハイドロゾルによる施術が必要 か否かを慎重に判断した上で、アロマセラピーには有害作用があるということを十分に認識して利用することが不可欠なのです。

人のアロマセラピーでは、多種多様な種類の精油が使われています。動物では、学術的に動物に対しても薬効が証明されているほんの一握りの正しい精油があれ ば、多くの症状をある程度、一時的に緩和することが可能です。しかしながら、種々の症状の根本的な改善には、アロマセラピーだけでは対処できないことが多 いことも判明していますので、全体的な飼育法に関するアドバイスも不可欠な要素です。精油やハイドロゾルを動物に利用しようとする際には、何らかの疾患で 薬剤による治療中でないことも確認しなくてはなりません。基本的に、ペットに対するアロマセラピーは、適切な濃度/頻度で、可能な限り、短期間で最大の効 果を得られるように細心の注意を払いながら行うべき補完代替療法ではないでしょうか。

人でも動物でも、身体や精神への効果/効能を謳うことを許す限り、同時に有害性についても説明することは、切り離すことができない義務ではないかと思いま す。雑貨として扱われる精油を用いるアロマセラピーではありますが、強力な薬理作用を発現することがあるxenobioticsです。今後の正しいアロマ セラピーの普及には、現在のアロマセラピー関係者はもとより、人や動物の医療関係者、化学者、生化学者、薬理学者をはじめ、植物学や動物学に精通したスペ シャリスト、また、精油のビジネス関係の要素も関わりますので、当該情報に精通したスペシャリストなど、様々な分野の研究者が協力し合って、情報を交換し ながら精油の効果/効能、副作用などを公正に認識することで前進していかないと、方向が見失われ、人や動物の福祉に反することにもなる可能性が否定できな いのではないでしょうか。

                            2013年6月8日


日本アニマルアロマセラピー協会    
 会長  獣医師 田邉興記
 副会長 獣医師 田邉和子

私どもは、動物のアロマセラピーに関する重要な情報をセミナー受講者ばかりでなく、一般の医療関係者、アロマ関係者、ペットの飼い主さんを対象にブログにて発信する決断をいたしました。セミナーを受講なさらなくても、多くの情報を得ていただけるかと思います。動物たちの命を守るために、是非、ご参照下さい。(2014年10月)